Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築マンション防災設備

新しいマンションは建物そのものが耐震構造なのはもちろん、
住戸内にも地震時に私たちを守ってくれるいろいろな設備が装備されています。

今回はその代表的なものをご紹介しましょう。

(1)耐震ドア枠
地震によって建物が揺れると玄関ドアも変形し、
ドアの角がドア枠に触れ、
丁番にも大きな力がかかって開かなくなることがあります。

地震時の変形をドア枠の一部で吸収し、
ドアを避難口として確保できるようにするのが「耐震ドア枠」です。

(2)耐震ラッチ
地震が起きると、戸棚などの収納物が揺れの反動で扉を押し開け、
飛び出す場合があります。

「耐震ラッチ」は下足入れ、キッチン、トイレ、
洗面化粧台などの吊戸棚に設置され、
戸棚の中から押す力が働いても扉が開くことがないようにする装置です。

(3)マイコンガスメーター
キッチンなどでガスを使用時に地震が起きると、
火災などの二次災害を引き起こす恐れがあります。

マイコンガスメーターは、
震度5相当以上の地震があった場合に揺れを感知し、
自動的にガスを遮断する機能を持っています。

(4)エレベーターの地震時管制運転システム
地震を感知したときに、
自動的に最寄の階でエレベーターが停止するシステムです。

P波(初期微動)を感知して停止するので、
よりエネルギーの大きいS波(本震)が来る前に避難することができます。

(5)耐震ドアガード
玄関ドア枠のストッパーに引っ掛けるドアガードを使用中に、
地震が発生しドア枠が変形すると、
ドアガードを外せなくなり、ドアが開かなくなる場合があります。

そのようなことが起こらないよう、
ストッパー部分が上下に可動するタイプや、
付け根部分のクリアランスを大きくしたタイプが「耐震ドアガード」です。
闘病記の書き方

注意が必要な建物ベスト3

(1)1981年より前に建てられた建物
1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。1995年の阪神淡路大震災で、1981年以降建てられた建物の被害は少なかったことが報告されています。

(2)軟弱な地盤に建っている建物
軟弱な地盤は日本中にあります。特に都市部に多く、注意が必要です。軟弱地盤は揺れが大きくなるので、壁量も50%増しにするよう、建築基準法で定められています。

(3)オーバーハングした建物
1階より2階部分が飛び出ている建物や、2階部分を1階の柱だけで支えるピロティー状の建物のことです。不安定な家になりがちですが、実際多く建てられています。

佐々木俊尚さんの講演

地震のことを考えると、本棚は不安な存在ですね。
そんなことを思ったのは、先日、iPhoneを購入したからです。

いろいろなアプリが有料、無料でありますが、
ビジネスやプライベートで使えるものがたくさんあります。
電子書籍を購入してみたら、紙の本はいずれなくなるのだと思いました。
ちなみに購入したのは、「電子書籍の衝撃」です。

本が完全になくなりはしないかもしれませんが、
電子書籍なら大きな本棚が部屋を占拠することもなくなりますし、
なにより地震による転倒の心配がありません。

『電子書籍の衝撃』の著者・佐々木俊尚さんの講演があるみたいです!

火災報知機の設置は済んでいますか?

今年6月までに、火災報知機の設置が義務化されています。
必ず火災報知機を購入しなければならなくなったという訳です。

火災報知機設置の義務化は、まだ一般的な浸透度が高いとはいえない状況です。
よってそれに対する知識がまだまだ不足しているという家庭がかなり多いかと思われます。

火災報知機は大体5,000~8,000円程度で購入できますので、
量販店やホームセンターで購入するようにしましょう。

また、点検が必要だと偽り、点検料をせしめるというケースも考えられます。
例え消防職員の服装でやって来ても、相手にしないようにしましょう。
火災報知機の点検は義務付けられていません。

【PR】
高速バスで格安国内旅行
高濃度コラーゲン通販

新耐震設計法の概要

新耐震設計法によって
地震に強くなったマンションには、
どんな工夫がなされているのでしょうか。

以下は、新耐震設計法の概要です。
(1)
まず、設計を行う前に地盤を調査し、
その結果によって基礎の工法を決めます。

そこが固い地盤ならば、建物を直接地盤で支える工法をとり、
軟弱地盤であれば、地中の固い地盤まで深く杭を打ち込む工法などがとられます。

さらに液状化現象が起こる恐れのある地盤の場合、
地盤改良をすることもあります。

このように、それぞれの地盤に適した工法が採用されるので、
結婚して家族がいても心配はありません。


(2)
次に、マンションの柱を見てみましょう。
マンションの柱は、鉄筋コンクリート(RC)造と、
RC造の柱の中に鉄骨の入った鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造が一般的です。

これらの柱では、鉄筋を囲むように巻き付ける
帯筋を密にすること(鉄筋径が10mmの場合は10cm以下が原則)によって、
柱の耐震性を高めています。

さらに、スパイラル筋という、らせん状に巻いた連続する帯筋を使えば、
柱自体のねばり強さが向上して、一層耐震性を高めることができます。

また同様の効果が溶接閉鎖型筋にもあります。

(3)
そして壁には、
建物を支える耐力壁とそれ以外の非耐力壁とがあります。

耐力壁は、柱や梁とともに、建物をしっかり支える役目を果たします。
建物の耐震性の確保は、
この耐力壁と柱、壁に依存しています。

一方、玄関脇廊下側にある非耐力壁は、耐震性には依存せず、
地震の時には壊れることもありますが、もし壊れても修理できますし、
建物自体の強度には影響ありません。

免震構造の構造

免震構造
耐震構造が地震に耐えて
建物構造部の安全を守るのに対して、地震の揺れを吸収する構造です。

免震装置が地盤からの揺れを吸収するので、
建物の揺れや変形は少なく、窓や壁の損傷、家具や什器等の転倒も軽減されます。

地震時に、地盤と建物が完全に絶縁していれば、
揺れの影響を受けませんが、建物を宙に浮かすことは不可能です。
そこで免震構造では

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。