Entries

スポンサーサイト

新耐震設計法の概要

新耐震設計法によって地震に強くなったマンションには、どんな工夫がなされているのでしょうか。以下は、新耐震設計法の概要です。(1)まず、設計を行う前に地盤を調査し、その結果によって基礎の工法を決めます。そこが固い地盤ならば、建物を直接地盤で支える工法をとり、軟弱地盤であれば、地中の固い地盤まで深く杭を打ち込む工法などがとられます。さらに液状化現象が起こる恐れのある地盤の場合、地盤改良をすることもあり...

免震構造の構造

免震構造は耐震構造が地震に耐えて建物構造部の安全を守るのに対して、地震の揺れを吸収する構造です。免震装置が地盤からの揺れを吸収するので、建物の揺れや変形は少なく、窓や壁の損傷、家具や什器等の転倒も軽減されます。地震時に、地盤と建物が完全に絶縁していれば、揺れの影響を受けませんが、建物を宙に浮かすことは不可能です。そこで免震構造では...

制震とは?

制震とは、建築設計上の概念で、建物に入力される地震力を、建物内部の機構により減衰させたり増幅を防ぎ、建物の振動を低減させることを指す。 制震は「制振」と書くこともあり、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。