Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免震構造の構造

免震構造
耐震構造が地震に耐えて
建物構造部の安全を守るのに対して、地震の揺れを吸収する構造です。

免震装置が地盤からの揺れを吸収するので、
建物の揺れや変形は少なく、窓や壁の損傷、家具や什器等の転倒も軽減されます。

地震時に、地盤と建物が完全に絶縁していれば、
揺れの影響を受けませんが、建物を宙に浮かすことは不可能です。
そこで免震構造では
「積層ゴムアイソレーター」を基礎構造に設置し、
地震時の力を吸収・分散。
地盤と建物との共振を避け、揺れ幅をおさえるという仕組みです。

最近のマンションでは、
建物そのものが耐震構造なのはもちろん、
住戸内にも地震時に私たちを守ってくれるいろいろな設備が装備されています。

たとえば、耐震ドアガード。
玄関ドア枠のストッパーに引っ掛けるドアガードを使用中に、
地震が発生しドア枠が変形すると、
ドアガードを外せなくなり、ドアが開かなくなる場合があります。

そのようなことが起こらないよう、
ストッパー部分が上下に可動するタイプや、
付け根部分のクリアランスを大きくしたタイプが「耐震ドアガード」です。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。