Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://taishinmenshin.blog101.fc2.com/tb.php/8-030ece25

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

制震とは?

制震とは、建築設計上の概念で、
建物に入力される地震力を、
建物内部の機構により減衰させたり増幅を防ぎ、
建物の振動を低減させることを指す。

制震は「制振」と書くこともあり、
日本建築学会では正式に制振を用いているが、
言葉の顧客への印象から民間企業では制震を用いることが多い。

力学的な形態により、
「層間ダンパー型」
「マスダンパー型」
「連結型」などに分類され、
また、エネルギーの入力の有無により
「パッシブ制震」
「セミアクティブ制震」
「アクティブ制震」に大きくわかれる。

主に大規模な建築物に利用されているが、
近年では住宅などへの適用も目立つ。

また、橋梁などにも制震機構が組み込まれることがある。

免震」と「制震」は新しい研究成果によってもたらされたものであるが、
耐震」は、地震のある地域に建物を建てる以上
ある程度自然に湧いてくる発想である。

建築基準法によっても耐震構造は義務付けられている一方、
免震制震は任意に行う。

また、耐震に加えて免震制震を盛り込むとコストがかかる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://taishinmenshin.blog101.fc2.com/tb.php/8-030ece25

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。